2018年11月

グリッドシェーダ

グリッド状の線を表示するシェーダです。 shaderの作成  頂点座標を用いてグリッドの表示を行います。vertex shaderから頂点座標をそのままfragment shaderへ渡します(o.pos)。 [crayon-5e51d93616521317722119/] vertex shaderから渡された頂点座標を用いて、グリッドの描画を行います。ここでは、x方向のみを扱います。 [cra […]

法線マップをオブジェクト空間へ変換しシェーディング

 視差マッピングシェーダを作成する際に、反射光等の計算を行いました。このとき、法線マップは接空間のベクトルを示しているので、vertex shaderでライトベクトル等を接空間へ変換した後に、fragment Shaderで法線マップと変換したライトベクトル等で反射を計算しました。ここでふと、全てのベクトルをオブジェクト空間に変換して計算しても当然同じ結果が得られるはず、と考え新たにシェーダを作成 […]

Tessellationを用いた波紋の作成

 前回の記事で作成した波紋を用いて、テッセレーションによって分割された平面に波紋を発生させてみました。テッセレーションの詳細に関しては参考サイトに書かれていますので、ここでは割愛いたします。また、平面を揺らしただけでは様子が分かり難いので、下記アセットを利用してワイヤーフレームで表示しました。 UCLA Wireframe Shader shader  前回記事の波紋を表示するためのshaderを […]